タグ別アーカイブ: 習慣化

相手に伝わる上手な話し方①

相手に伝わる

上手な話し方①

 

 

もくじ

 

1.はじめに・・・

2.聞き上手は話し上手?

 

1.はじめに・・・

 

日本人は言葉よりも相手を慮って

心を汲むという習慣があります。

ノンバーバル・コミュニケーション(非言語交流)はアジア圏で多く

バーバル・コミュニケーション(言語交流)は欧米、欧州が主となります。

 

言葉で気持ちを伝えることが少ない日本人は話すことも

聞くこともそのため苦手になってしまったのかもしれません。

 

なので心を汲んだつもり、相手はわかっているだろうという

意志の齟齬がしばしばトラブルのもととなってしまいます。

 

そこで今回お伝えする内容は相手に伝わる上手な話し方です。

 

 

聞き上手は話し上手なんて言葉がありますが

なぜ聞き上手が話し上手なのでしょうか?

 

私もはじめは話すことも聞くことも下手くそで

非常に苦労しました。

 

そんな苦労して会得した話し上手聞き上手の方法をお伝えしようと思います。

そもそも『話す』といっても

・1対1で話す(言葉のキャッチボールというやつ)

・大衆の面前で話す(一方的に話すスピーチ)

・グループで話す(意見を交わす)

このように分かれるのではないかと思うのです。

 

今回の話は1対1とグループで話すにフォーカスしています。

(スピーチは別の機会に)

 

2.聞き上手は話し上手?

 

さて、聞き上手は話し上手というのは本当なのでしょうか?

例えば、落語のように面白くわかりやすく話をしてくれる人がいたとします。

会話の割合が8:2でほぼ話しっぱなしの場合この方は話し上手は聞き上手でしょうか?

実はこれだけでは判断できないんです。

時と場合によってはこのような起こりえるからなので

もし2人きりでいて何も会話が弾まない無言状態だったとしたら

この方の評価は変わるはずなんです。

 

ではこれとは逆に聞くだけで何も言わない場合

聞き上手は話し上手でしょうか?

 

これもまた状況によって大きく変化します。

カウンセリングの技法ではほぼ聞き役になり

話すことは2:8くらいに変化します。

 

つまり、シチュエーションによって変化するのですが

この際にうまく対応できないときに話下手、聞き下手の

状況に陥ってしまうことがあるんです。

 

 

私の経験ですが、

人前で話すのがとても上手な上司がいました。

けれどその方は人の話を聞こうとしない人なんです。

 

話の途中で、勝手に合点がいったようで切り上げてしまいます。

そんな方とのコミュニケーションはストレスがたまる一方で

この人とは本音を話すことができない!

と思い薄っい上辺だけの会話をするようにしていました。

 

なので肝心なことも必要最低限でしか話さないので

相手もそれを思って疎ましく思っていたのではないでしょうか。

 

 

だから相手に投げかける言葉は非常に不愉快なものが多く

顔は薄ら笑いを浮かべて同意したような言葉で反応し

心では嫌悪しか残らないようなものでした。

 

 

こんな意味のないコミュニケーションは疲れるので

さっさと捨ててしまえばいいのですが

相手がいることなのでそこが困難といえるのかもしれません。

 

 

ですが、そんな場合でも相手にうまく伝える方法を

してきたのでもしこのような場面に遭遇している方や

そのような場面に遭遇したときに使える方法があると

そこまで苦労せずにいられることを知っていてもらいたいと

思っています。

 

 

ではさらに突っ込んだ話をしていこうと思いますが

続きは次回のお楽しみ。

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

  • 無料メールマガジン 心理学から絵本の話まで

    岡田メルマガ

    申し込みはこちら

    読者登録はここをクリック

ブログを書きたいけれど、どうしていいかわからない方へ

ブログを書きたいけれど、

書けない人へ

 

みなさん、こんにちは、こんばんは。

笑顔絵セラピスト&心理カウンセラー

オカダです。

 

みなさんはブログを書いていますか?

 

個人事業主の方、趣味の方様々な方が

ブログを書いていらっしゃいます。

 

かくいう私も3つ(これを入れて)書いています。

絵本創作セラピー

人生の歩き方ガイドブック

アメブロをはじめて7年たちますが今は毎日2つのブログを

更新しています。

 

なぜ毎日2つもブログが更新できるのかを書いていこうと思います。

 

※注意

読者を増やすとか集客につながるという内容ではありません、

どうやって最初の一歩を踏み出すか?というテーマで

話を進めていきます。

 

なぜブログが書けないのか?

 

ブログを書こうとするけれど書けないを層別したいと思います。

 

1.ブログをしたことがない人

2.ブログを始めたけど続かない人

3.ブログを書いてはいるがネタ切れで書けなくなった

4.読者が増えないのであきらめてしまった

 

このようなことが挙げられるのではないでしょうか?

私の場合、3でつまづきそうになります。

そのつまづきそうなポイントを乗り越えるために

種類別で話を進めていこうと思います。

 

1.ブログをしたことがない人

 

まずこのタイプの方は以下の質問に答えてみてください。

 

・なぜブログを書きたいのですか?

・ブログを書いたらあなたはどのように変化しますか?

 

なんとなくカッコイイからだとモチベーションが不足している

かもしれないのですが、動機なんて何でもいいので

とりあえずやってみましょう。

 

おすすめはアメブロ

入り口の敷居が低く始めるのには最適

内容は後回し、まず始めることをお勧めします。

 

2.ブログを始めたけど続かない人

 

ブログを始めたけれど手が止まってしまい

一か月更新しない、できない方

 

以下のことをしてみてください。

 

・公開しなくてもいいのでただ書いてみる

・ブログを書くを入力し終了を毎日する

・朝一に上記を行う

 

一度でも書いたことのある方は習慣づけをする

必要があるのですが夜に書こうとすると様々な

イベント(日常のこと)により時間が取れないことが

ほとんどではないでしょうか?

 

朝一でするのはそのイベントにほぼ左右されないため

習慣化するにはもってこいの時間なんです。

 

3.ブログを書いてはいるがネタ切れで書けなくなった

 

ネタがないとうことでブログが書けない方はこちらをどうぞ

 

・目の前に見えたモノで書いてみる

・誰かの目線で書いてみる

・リブログ(アメブロ)してみる

・過去の記事をリメイクする

 

毎日書く必要はないと思いますが、ネタに困ったら

とにかく目に飛び込んできた情報を自分の考えや仕事と

結び付けてみると面白いネタが生まれるときがあります。

 

4.読者が増えないのであきらめてしまった

 

芸能人以外の一般人で爆発的な読者数なんて

何かの商売をしている有名人以外は読者数にこだわらなくても

いいのだと思います。

 

(まぁ、私もダメな方なので偉そうに言えませんが)

 

読者が多いよりは、記事に反応してその後につながったが

目指すのであればそのこだわりは捨てたほうがいいです。

 

まずはいろんな方の読者申請をして相互補完をしながら地道に

読者を増やすのが一番なんですよね。

 

 

そもそも、読者が増えないからやめるという動機は

なぜブログを書いているのか?を見失っているのだと

思うんです。

 

このような方は、

 

・なぜブログを書きたいのですか?

・ブログを書いたらあなたはどのように変化しますか?

 

ここに一度立ち戻ってみてください。

 

 

有名人、芸能人ではないので時々書いてアクセス数爆発!

なんてことにはなりません。

 

アクセス数Upは別の話でまずは書くという最初の一歩を目指しましょう。

最初は読まれないので思いっきり好きなことを書けばいいんです。

段々慣れてきたら内容を変えていってもいいんですよね。

だってだれも禁止していないし縛られる必要がないのですから。

 

『しなければ』という使役感が強ければ休むのもOK

『書かないと気持ち悪い』まで行きつくと自然に書けていますよ。

 

無料メールマガジン 心理学から絵本の話まで

岡田メルマガ

申し込みはこちら

読者登録はここをクリック